プロフィール

azarashiumi

Author:azarashiumi

Comments...A

openclose

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

thanks
3D球体タグクラウド

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1375' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
229

24 撮影データ

TIMELASH脚本 : Terence Feely監督 : Cyril Frankel撮影スケジュール : 1970年7月24日(金)~8月6日(木)撮影場所 : Double Lodge, Pinewood Studios, Pinewood Road, Iver Heath, Buckinghamshire Studio Lotレギュラー出演者 :  Straker, Foster, Lake, Barry, Henderson, Jackson, Miss Ealand, Johnson ゲスト出演者 :  Turner     Patrick Allen Casting Agent   Ron Bember Actor  ... TIMELASH<br /><br />脚本 : Terence Feely<br />監督 : Cyril Frankel<br /><br />撮影スケジュール : 1970年7月24日(金)~8月6日(木)<br /><br />撮影場所 :<br /> Double Lodge, Pinewood Studios, Pinewood Road, Iver Heath,<br /> Buckinghamshire&#160;Studio Lot<br /><br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2413.jpg" alt="2413" border="0" width="320" height="227" /></div><br /><br />レギュラー出演者 : <br /> Straker, Foster, Lake, Barry, Henderson, Jackson, Miss Ealand, Johnson <br /><br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2415.jpg" alt="2415" border="0" width="101" height="72" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2412.jpg" alt="2412" border="0" width="101" height="72" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2408.jpg" alt="2408" border="0" width="101" height="72" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2411.jpg" alt="2411" border="0" width="101" height="72" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2410.jpg" alt="2410" border="0" width="101" height="72" /></div><br /><br />ゲスト出演者 : <br /> Turner     Patrick Allen<br /> Casting Agent   Ron Bember<br /> Actor      Jean Wladon<br /> Actress     Kirsten&#160;Lindholm<br /> SHADO Maintenance Engineer   Douglas Nottage<br /> Studio Guard   John Lyons<br /> Studio Security Man   John C. Carney<br /><br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2409.jpg" alt="2409" border="0" width="101" height="72" /></div>
228

24 TIMELASH <時間凍結作戦>

謎の円盤UFO エピソードガイドNo.24SHADO司令本部で、突然、暴れ出したストレイカー司令官。押さえつける隊員を振り払い、シャドー司令本部の隠れ蓑となっている撮影所内を逃げ回るが、そこには気を失ったレイク大佐の姿もあった。ようやく医務室のベッドに拘束されたストレイカーは、ジャクソン医師の投薬により、今までの出来事を語りはじめる。ムーンベースから帰還したレイクとともにSHADO司令本部へと向かうストレイカー... <span style="font-size: x-small"><h1><span style="color: rgb(153, 204, 255); ">謎の円盤UFO エピソードガイドNo.24</span></h1></span><div><br />SHADO司令本部で、突然、暴れ出したストレイカー司令官。<br />押さえつける隊員を振り払い、シャドー司令本部の隠れ蓑となっている撮影所内を逃げ回るが、そこには気を失ったレイク大佐の姿もあった。<br />ようやく医務室のベッドに拘束されたストレイカーは、ジャクソン医師の投薬により、今までの出来事を語りはじめる。</div><br /><div style="text-align: center"><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2401.jpg" alt="2401" border="0" width="184" height="131" /></div><br /><div>ムーンベースから帰還したレイクとともにSHADO司令本部へと向かうストレイカーの車をUFOが襲ってきた。<br />撃退すべく司令本部に連絡をとるストレイカー。しかし、司令本部からもムーンベースからも応答はない。<br />怪訝に思いつつ、本部のある撮影所に戻る二人。<br /><br /><div style="text-align: center; ">&#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2403.jpg" alt="2403" border="0" width="184" height="131" /></div><br /><div>そこでは、全てのものが止まっていた。<br />エイリアンが、SHADO司令本部の周りの時間を止め、その間にSHADOの壊滅を図ろうとしていたのだ。</div><div style="text-align: center; ">&#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2406.jpg" alt="2406" border="0" width="184" height="131" /></div><div style="text-align: left; "><br />内部の裏切り者により、UFOが攻撃を開始するまで、あと僅かな時間しか残されていない。</div><div>これを阻止すべく、レイクと二人きりで奔走するストレイカー。果たして、間に合うのか。</div></div><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2414.jpg" alt="2414" border="0" width="184" height="131" /></div><br /><br />
  • Date : 2015-03-18 (Wed)
  • Category : episode
238

ufomania on positive track! 2012年・年末のごあいさつ

2011年の人事異動により、一時negativeになってしまった ”ufomania on positive track!” ですが、なんとか今年は、positiveに戻ることができました。自分だけの小さな楽しみで始めたブログですが、そのお陰で、素敵なブロガーの方々をフォローする楽しみもできました。このブログに迷い込んでくださる方々、そっと見ていってくださる方々、コメントや足跡を残してくださる方々感謝のお礼を申し上げます!2012年も残りわずか・・・... <div style="text-align: center;">2011年の人事異動により、一時negativeになってしまった ”ufomania on positive track!” ですが、<br />なんとか今年は、positiveに戻ることができました。<br /><br />自分だけの小さな楽しみで始めたブログですが、<br />そのお陰で、素敵なブロガーの方々をフォローする楽しみもできました。<br /><br />このブログに迷い込んでくださる方々、そっと見ていってくださる方々、コメントや足跡を残してくださる方々<br />感謝のお礼を申し上げます!<br /><br />2012年も残りわずか・・・<br />未だ、日本でも世界でも大変なことが続いている毎日ですが、<br />その影で、たくさんの普通の人たちがSHADOのように普通の人々の生活を守ってくれていることに感謝!<br /><br />栄光と賞賛なき彼らは、来るべき災害に備えて、今日も戦っているのだ!<br />(って、これはMM9の受け売り・・・)<br /><br /><br />もうすぐ「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」が公開される(と噂される?)2013年。<br />来年も、好き勝手なことを書き連ねていくと思いますが、ゆるゆるとお付き合いいただければ幸いです。<br /><br />来年2013年が、皆さまにとって、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>ファンにとって、平穏で幸せな年でありますように!<br /></div><div style="text-align: right;">Lt. Azarashiumi  </div><br /><div style="text-align: center;"><iframe width="320" height="180" src="http://www.youtube.com/embed/slYW7kkHyI4?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe><br /><br /><br />久々に日本支部に出張いたしますので、来年の勤務は2月からになります。たぶん・・・(笑)<br /><br /></div>
236

祝!謎の円盤UFOブルー・レイ発売記念 * ジャケット特集その4

さて、波乱万丈のイタリアから、同盟国?のドイツに参りましょう。1981年版VHSのジャケットです。さすがドイツ!選ぶシーンが違います。地球に飛来するUFO、迎え撃つ?SID(ジャケット初登場)、傷だらけの司令官!UFO対SHADOの戦いが繰り広げられるストーリーが、一目で分かるジャケットじゃありませんか?どこかの国の、オジサン達が談笑しているジャケットとはエライ違いですよ(笑)。タイトルは、80000 Meilen durch den welt... さて、波乱万丈のイタリアから、同盟国?のドイツに参りましょう。<br /><br />1981年版VHSのジャケットです。<br />さすがドイツ!選ぶシーンが違います。<br />地球に飛来するUFO、迎え撃つ?SID(ジャケット初登場)、傷だらけの司令官!UFO対SHADOの戦いが繰り広げられるストーリーが、一目で分かるジャケットじゃありませんか?<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/ger01.jpg" alt="ger01" border="0" width="400" height="293" /><br /><br />どこかの国の、オジサン達が談笑しているジャケットとはエライ違いですよ(笑)。<br /><br />タイトルは、80000 Meilen durch den weltraum。「宇宙を越えて80000マイル」という意味だそうです。(「海底二万マイル」みたいですね。)<br /><br />このようにドイツ版のジャケットは、イタリア版に比べると面白味に欠ける(面白くするなよっ)感はありますが、侮ってはなりません。<br /><br />ドイツの特徴を端的に表しているのが、こちらの2005年版DVDジャケットです。<br /><br />インターセプター、ムーン・ベース、え・・と、VX-104かな?ストレイカー司令官らしき人物、UFO、スカイワン、SID、ロケットランチャー。・・・って、メカばかりじゃん!<br />この、人間を徹底的に排除した、メカの機能美のみを追及したラインナップ!ドイツ、突っ走りましたね・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0501.jpg" alt="ger0501" border="0" width="141" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0502.jpg" alt="ger0502" border="0" width="140" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0503.jpg" alt="ger0503" border="0" width="140" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0504.jpg" alt="ger0504" border="0" width="140" height="200" />&#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0505.jpg" alt="ger0505" border="0" width="140" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0506.jpg" alt="ger0506" border="0" width="140" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0507.jpg" alt="ger0507" border="0" width="140" height="200" /> &#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/sger0508.jpg" alt="ger0508" border="0" width="140" height="200" />&#160;<br /><br />いやいや、イギリス版とドイツ版を並べて、同じ作品だってわかる人がいるんだろうか・・・。<br /><br /><br />いよいよ最後は、UFOに機能美を見たドイツが更なる妄想を抱いたか、盟友イタリアに刺激されたか・・・、1985年版VHSのジャケットです。<br /><br />スペース・コマンドー シャドー! ああ、やっちゃった~!<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/spacecmd.jpg" alt="spacecmd" border="0" width="400" height="290" />&#160;<br /><br />内容は「ストレイカー暗殺指令」のようです。まあ、地球を守る特殊部隊と言えば、言えなくもないですけど・・・。<br />しかし、このジャケットで「ストレイカー暗殺指令」を見た人の感想が聞きたいっ!<br /><br />堅実なドイツ人にこのような暴挙?をさせてしまう・・・、関わった人すべての想像力を刺激してしまう・・・、これが「謎の円盤UFO」の真髄ではないでしょうか(笑)?<br /><br /><br />
240

訃報 ジェリー・アンダーソン氏が逝去されました

2012年12月26日水曜日、「謎の円盤UFO」の生みの親、ジェリー・アンダーソン氏が逝去されました。 享年83歳でした。   ジェリー・アンダーソン氏(1929年4月14日 - 2012年12月26日)は、 1955年に映像製作会社「APフィルムズ」(後のセンチュリー21プロダクション)を設立。 サンダーバード、キャプテン・スカーレットなどのスーパーマリオネーションや 謎の円盤UFO、スペース1999などの実写作品で世界中のSFファンを... <div style="text-align: left">2012年12月26日水曜日、「謎の円盤UFO」の生みの親、ジェリー・アンダーソン氏が逝去されました。 享年83歳でした。 <br /></div><div style="text-align: center"><img border="0" alt="gerry anderson" width="320" height="180" src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/201212271759248dd.jpg" />&#160; <br /></div><div style="text-align: left">ジェリー・アンダーソン氏(1929年4月14日 - 2012年12月26日)は、 1955年に映像製作会社「APフィルムズ」(後のセンチュリー21プロダクション)を設立。 <br />サンダーバード、キャプテン・スカーレットなどのスーパーマリオネーションや 謎の円盤UFO、スペース1999などの実写作品で世界中のSFファンを魅了しました。</div><div style="text-align: left"></div><br /><br /><ジェリー・アンダーソンの主な作品> <br /><br />1961年 - スーパーカー <br />1962年 - 宇宙船XL-5 <br />1964年 - 海底大戦争 スティングレイ <br />1965年 - サンダーバード <br />1967年 - キャプテン・スカーレット <br />1968年 - ジョー90 <br />1968年 - 決死圏SOS宇宙船 <br />1969年 - ロンドン指令X <br />1970年 - 謎の円盤UFO年 <br />1972年 - プロテクター電光石火 <br />1975年 - スペース1999 <br /><br /><br /><div style="text-align: center">謎の円盤UFO映画版の完成を待たずに亡くなられたアンダーソン氏。 <br />心よりご冥福をお祈りいたします。 <br /></div><br />
234

祝!謎の円盤UFO ブルー・レイ発売記念 * ジャケット特集その3

アメリカから海を渡り、コアなUFOファンの国イタリアを見てみましょう。まずは、1982年版VHSのジャケットです。アメリカ版同様イラストですが、前髪ぱっつん司令官もフォスター大佐もレイク大佐も精悍に描かれていますよ。レッド・アラート(Allarme Rosso)の緊迫感たっぷりに、スカイワン、ストレイカーズ・カー、ついでに知らないヘリコプターも緊急発進~!掴みはバッチリですね(笑)。Vol.2は、一転して月面基地。偉そうなスト... アメリカから海を渡り、コアなUFOファンの国イタリアを見てみましょう。<br /><br />まずは、1982年版VHSのジャケットです。<br />アメリカ版同様イラストですが、前髪ぱっつん司令官もフォスター大佐もレイク大佐も精悍に描かれていますよ。<br />レッド・アラート(Allarme Rosso)の緊迫感たっぷりに、スカイワン、ストレイカーズ・カー、ついでに知らないヘリコプターも緊急発進~!掴みはバッチリですね(笑)。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8201.jpg" alt="it8201" border="0" width="264" height="300" /><br /><br />Vol.2は、一転して月面基地。<br />偉そうなストレイカー司令官の特徴をよく捉えています(笑)。右端には、遠慮深いインターセプター。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8202.jpg" alt="it8202" border="0" width="261" height="300" /><br /><br />あ、真ん中に大杉漣さんが~!いえ、司令官でした(笑)。<br />Vol.3は、「ストレイカー暗殺指令」でしょうか?フォスター大佐の緊迫した表情がよく描かれております。<br />え・・・?何か気になります?なに?・・・左端の女性?軍帽かぶって服を脱いでますって?う~ん、エリス中尉じゃないことだけは確かですねえ。<br />UFO未見の方は、今すぐブルー・レイ買って確認してみましょう!(あくまでも自己責任でね~(笑))<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8203.jpg" alt="it8203" border="0" width="264" height="300" /><br /><br />このセクスィー隊員?の雄姿が、次のUFOジャケットに大きな影響を与えることになるとは・・・。(ウソウソ)<br /><br /><br />では、問題の1986年版のVHSのジャケット。<br /><br />・・・!! これは、どうしたことか? なんと、UFOが目玉焼きに?<br />ヘルメット姿の人物達は隊員なのかエイリアンなのか?82年版に負けじとセクスィー隊員が登場か?あれ、ホルスターじゃなくてフンドシ・・・?<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8601.jpg" alt="it8601" border="0" width="400" height="280" /><br /><br />え・・・と、大きな肩パッドにウェービー・ヘア、80年代ファッションに身を包んだ謎の女に責められ、フォスター大佐危機一髪!目玉焼きも飛んでます~!て、どんな話やねん。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8602.jpg" alt="it8602" border="0" width="400" height="279" /><br /><br />シルバーのキャット・スーツなんて、もう古いわっ、と言わんばかりのゴールドのボディは、宇宙服なのか金粉なのか?<br />そっちに目がいってしまって、ドームの中の都市に突っ込みを入れるのも忘れます。(たぶん「月面基地破壊作戦」だと思うんだけど・・・。)<br />この格好で、スカートとストールをつけている意味が分からん・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it8603.jpg" alt="it8603" border="0" width="400" height="283" /><br /><br />凄かったですねえ・・・。コアなファンが多いはずなのに・・・大暴走してくれましたねえ。<br /><br /><br />最後は、心静かに1994年版VHSのジャケットです。<br />いやあ、落ち着いて鑑賞できます。司令官もフォスター大佐もレイク大佐も、あまり似てないけど、一応分かるし。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it9401.jpg" alt="it9401" border="0" width="400" height="291" /><br /><br />珍しくメカも描かれてますよ。シャドー・モービルが月面に派遣されちゃってるけど・・・。ノコノコ走っている姿が愛らしいです。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it9402.jpg" alt="it9402" border="0" width="400" height="289" /><br /><br />そして、インターセプター!<br />・・・あれ?なんか変じゃない・・・?これじゃあ、トコトコ人形になっちゃうよ。<br />インターセプターを組み立てたことのある方ならモチロン、そうじゃない方もお気づきですよね。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/it9403.jpg" alt="it9403" border="0" width="400" height="289" /><br /><br /><br />え~、いろんな意味で、最後まで気を許せないイタリア版「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」のジャケット集でした。<br /><br /><br /><br />
239

訃報 ニナ・バリー中尉が逝去されました

2012年11月末、ニナ・バリー中尉(Lt.Nina Barry)を演じていたドロレス・マンテス(Dolores Mantez)さんがお亡くなりなりました。享年74歳でした。(Wiki 英語版では11月、ShadoLibraryでは12月とのこと。)    エリス中尉やレイク大佐に比べ、控えめな印象の中尉でしたが、スカイダイバーでは司令官と困難を共にし、ムーン・ベースではSHADOの最前線を守り、最初から最後まで、SHADOと「謎の円盤UFO」を支えた頼りになる女性... <div style="text-align: left;">2012年11月末、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E3%83%8B%E3%83%8A%EF%BD%A5%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E4%B8%AD%E5%B0%89" class="tagword">ニナ・バリー中尉</a>(Lt.Nina Barry)を演じていたドロレス・マンテス(Dolores Mantez)さんがお亡くなりなりました。享年74歳でした。<br />(Wiki 英語版では11月、ShadoLibraryでは12月とのこと。)<br /></div><div style="text-align: center;"><br /><img src="http://blog-imgs-47.fc2.com/j/p/s/jpshado/1421.jpg" alt="1421.jpg" border="0" width="180" height="138" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/1420.jpg" alt="1420" border="0" width="181" height="136" /><br /><br /><img src="http://blog-imgs-38.fc2.com/j/p/s/jpshado/1711.jpg" alt="1711" border="0" width="100" height="78" /> <img src="http://blog-imgs-38.fc2.com/j/p/s/jpshado/sd04_20110127194142.jpg" alt="sd04" border="0" width="100" height="78" /><br /><img src="http://blog-imgs-38.fc2.com/j/p/s/jpshado/1915.jpg" alt="1915" border="0" width="100" height="75" /> <img src="http://blog-imgs-31.fc2.com/j/p/s/jpshado/2025.jpg" alt="2025" border="0" width="100" height="76" /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2323.jpg" alt="2323" border="0" width="101" height="74" /> <img src="http://blog-imgs-38.fc2.com/j/p/s/jpshado/1808.jpg" alt="1808" border="0" width="100" height="74" /><br /><br />エリス中尉やレイク大佐に比べ、控えめな印象の中尉でしたが、<br />スカイダイバーでは司令官と困難を共にし、ムーン・ベースではSHADOの最前線を守り、<br />最初から最後まで、SHADOと「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」を支えた頼りになる女性でした。<br /><br />心よりご冥福をお祈りいたします。<br /><br /><br /></div><br />
235

祝!謎の円盤UFOブルー・レイ発売記念 * ジャケット特集その2

ジャケット特集その2は、アメリカ。1988年版VHSのジャケットです。UFOもインターセプターも微妙に変だけど、これ、まだ許容範囲内ですよ~。いきなりエイリアンがセンターを飾ります。銃の先端が銛(モリ)っぽいのが気にはなりますが・・・。収録話は、「Exposed(シャドー秘密指令)」と「A Question of Priorities(宇宙人・地球逃亡!)」 からスタート。いきなり、飛ばしますねえ。ところで、このオカッパ頭のオジサン、誰?V... ジャケット特集その2は、アメリカ。1988年版VHSのジャケットです。<br /><br />UFOもインターセプターも微妙に変だけど、これ、まだ許容範囲内ですよ~。<br />いきなりエイリアンがセンターを飾ります。銃の先端が銛(モリ)っぽいのが気にはなりますが・・・。<br />収録話は、「Exposed(シャドー秘密指令)」と「A Question of Priorities(宇宙人・地球逃亡!)」 からスタート。いきなり、飛ばしますねえ。<br />ところで、このオカッパ頭のオジサン、誰?<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usavhs88-01.jpg" alt="usavhs88-01" border="0" width="400" height="357" /><br /><br />Vol.2では、スカイワンを描いて欲しかった・・・つーか、このジェット機は、100万歩譲ってシーガルXレイか?<br />胴体の真ん中にエンジンついてるように見えるのは目の錯覚?<br />右端の人物は、いったい誰なんでしょうねえ。SHADOの警備員さん?Vol.1もそうだけど、美術学校の生徒が人物デッサンの練習してるみたいで気になるなあ。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usavhs88-02.jpg" alt="usavhs88-02" border="0" width="400" height="358" /><br /><br />あ、いきなりシンプルになりましたねえ。オカッパオジサンが不評だったのでしょうか?<br />いえ、本物がちゃんと裏にいらっしゃいました。この写真でイラスト起こしたのか。努力は認めたいけど・・・。<br />え・・・と、このスペース・クラフトは・・・知らないよっ、こんなの!<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usavhs88-03.jpg" alt="usavhs88-03" border="0" width="400" height="356" /><br /><br />このイラストレーター、絶対にUFO見てないよね。「宇宙モンだから、適当に宇宙船でも描いといて~」とか言われたんだろうなあ・・・。いい時代でしたねえ・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usavhs88-04.jpg" alt="usavhs88-04" border="0" width="400" height="359" /><br /><br />写真を使えば地味だし、イラストにすると「これはイメージです。実際の映像とは関係ありません。」て感じになっちゃうし・・・。UFO担当者、大変です。<br /><br /><br />さて、アメリカ版のラストは2003年版のDVD。<br />やっとアメリカでも認知されたのか、司令官を中心に格好良くまとまっていますね。(ちょっと残念・・・?)<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usa0301.jpg" alt="usa0301" border="0" width="213" height="300" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/usa0302.jpg" alt="usa0302" border="0" width="193" height="300" /><br /><br /><br />アメリカ版とイギリス版を比べてみると、イギリスがいかに「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」の内容を(選んだシーンは微妙でも)忠実に表現しようとしたかが伺えませんか(笑)?<br /><br />え?最後に突っ込めなくて、つまらなかったですか~? 大丈夫、ジャケット特集まだまだ続きますよ~。<br /><br />
232

祝!謎の円盤UFOブルー・レイ発売記念 * ジャケット特集その1

12月5日の「謎の円盤UFO」ブルー・レイ発売を記念いたしまして、世界数カ国(笑)で出ているビデオやDVDのジャケットの中から、秀逸作品を集めてみました。ジャケットというのは、商品の顔ですからね。各販売会社が「謎の円盤UFOとは何であるか」をどのように表現しているのか・・・楽しみです!!UFOのお膝元、イギリスからは1996年版VHSのジャケットです。まずは、ツートップの写真から。オジサン二人が睨み合って・・・。最初か... 12月5日の「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」ブルー・レイ発売を記念いたしまして、世界数カ国(笑)で出ているビデオやDVDのジャケットの中から、秀逸作品を集めてみました。<br /><br />ジャケットというのは、商品の顔ですからね。各販売会社が「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>とは何であるか」をどのように表現しているのか・・・楽しみです!!<br /><br /><br />UFOのお膝元、イギリスからは1996年版VHSのジャケットです。<br /><br />まずは、ツートップの写真から。オジサン二人が睨み合って・・・。最初から地味ですねえ・・・。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk96-01.jpg" alt="uk96-01" border="0" width="400" height="305" /><br /><br />こちらは、司令官が若衆二人を引き連れていますが、やっぱり地味です(笑)。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk96-03.jpg" alt="uk96-02" border="0" width="400" height="307" /><br /><br />このシリーズ、こんな具合に、基地のいろんなところで談笑する隊員たちの勇姿(笑)がフロントを飾ります!インターセプターは?スカイ・ダイバーは?UFOはどこ~??<br />いやいや・・・「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>の真髄は、SHADOという組織だ!」という強いメッセージを感じさせる逸品です(笑)。<br /><br /><div><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk9602.jpg" alt="uk9602" border="0" width="146" height="200" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk9604.jpg" alt="uk9604" border="0" width="147" height="200" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk9605.jpg" alt="uk9605" border="0" width="147" height="200" /><br /><br /><br />イギリス版で、特に気になったのがコチラ。1999年版VHS。<br />写真は、Dr.ジャクソンと新婚のストレイカーご夫妻。さあ、このビデオを手に取ったアナタの想像力が試される瞬間です。<br />UFOが写ってなければ、「ER」か?<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk99-06.jpg" alt="uk99-06" border="0" width="194" height="300" /><br /><br />どうやらイギリス版は、映像の一部を使ったジャケットが多いようですね。しかし、このシーンの選び方が微妙で・・・。男女の愛憎ドラマか?じゃあ、司令官とインターセプターは・・・って突っ込みません。<br />メカよりも人間ドラマ重視で、一応、メカ入れときました~って感じが好きです(笑)。<br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk99-02.jpg" alt="uk99-02" border="0" width="126" height="200" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk99-03.jpg" alt="uk99-03" border="0" width="117" height="200" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/uk99-07.jpg" alt="uk99-07" border="0" width="115" height="200" /><br /><br />シーンの選び方に疑問は残りますが、イギリスの誠実さ?を良く表しているジャケット集でした。<br />次回は、アメリカ版で~す。<br />
237

謎の円盤UFO ドイツ版ブルーレイBOXセット

謎の円盤UFOのドイツ版DVDを探してウロウロしておりましたら、こんなの見つけちゃいました。2012年8月リリースだったようです。???日本版が世界初Blu-rayじゃなかったんでしたっけ???え、勘違い?本邦初・・・に変わってたんですか?(Onden師匠をフォローしながらも、見落としていた愚かな小生・・・。)アマゾン.DE 謎の円盤UFO Blu-ray ドイツ版3枚組で25.99ユーロってことは・・・・約3千円!字幕なし、特典映像なし、... <a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>のドイツ版DVDを探してウロウロしておりましたら、こんなの見つけちゃいました。<br />2012年8月リリースだったようです。???日本版が世界初Blu-rayじゃなかったんでしたっけ???<br /><br />え、勘違い?本邦初・・・に変わってたんですか?(Onden師匠をフォローしながらも、見落としていた愚かな小生・・・。)<br /><br />アマゾン.DE <a href="http://www.amazon.de/UFO-Episoden-01-26-Blu-rays-Blu-ray/dp/B008DCJXDW/ref=sr_1_1?s=dvd&ie=UTF8&qid=1354846079&sr=1-1" target="_blank" title="謎の円盤UFO Blu-ray ドイツ版">謎の円盤UFO Blu-ray ドイツ版</a><br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/ger2012bd.jpg" alt="ger2012bd" border="0" width="314" height="396" /><br /><br />3枚組で25.99ユーロってことは・・・・約3千円!<br />字幕なし、特典映像なし、特典ブックレットなし。でも、3千円!<br /><br />ドイツのアマゾン眺めると、何故かいろんなバージョンの「<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>」がたくさん出てるんですよ~、羨ましい!しかもお安い!<br />いったい誰が買うのか知りませんが(ファンの風上にも置けない失言!)、Boxセットが数千円程度で手に入るなら、コレクションしてもいいかなあ・・・なんて思えるかもしれないし・・・。<br />日本のDVDもBlu-ray も高すぎる・・・。<br /><br />いやいやいや、<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AC%8E%E3%81%AE%E5%86%86%E7%9B%A4UFO" class="tagword">謎の円盤UFO</a>が放映されてから約40年。<br />ファンの方がアマゾンのレビューにも書かれていましたが、Blu-rayとしてこの世に出るだけでも有難いことですよね!<br /><br /><br /><br />
233

天則に学ぶ * 学天則

史上初の人造人間が「タイタン」なら、東洋初の人造人間は「学天則」です。実は、「帝都物語」(1988年東映・監督:実相寺昭雄)を観るまで知りませんでした・・・。そんなのあったんだ~程度で忘れていたところ、大阪市立科学館でお目にかかってしまい、ビックリ!學天則(がくてんそく、学天則)は、1928年(昭和3年)、大阪毎日新聞の論説顧問だった西村真琴(1883年-1956年)が製作した東洋初のロボットである。高さ約3.5m、幅... 史上初の人造人間が「タイタン」なら、東洋初の人造人間は「学天則」です。<br /><br />実は、「帝都物語」(1988年東映・監督:実相寺昭雄)を観るまで知りませんでした・・・。<br />そんなのあったんだ~程度で忘れていたところ、<a href="http://www.sci-museum.jp/index.html" target="_blank" title="大阪市立科学館">大阪市立科学館</a>でお目にかかってしまい、ビックリ!<br /><br /><br />學天則(がくてんそく、学天則)は、1928年(昭和3年)、大阪毎日新聞の論説顧問だった西村真琴(1883年-1956年)が製作した東洋初のロボットである。<br /><br />高さ約3.5m、幅約3m。肌は金色、頭に緑葉冠をかぶり、右手に鏑矢型のペン、左手に霊感灯と呼ばれるライトを持ち、腕を動かしたり、表情を変えることができる。<br /><br />上部に告暁鳥と言う機械仕掛けの鳥が付属していて、この鳥が鳴くと學天則は瞑想を始め、ひらめきを得ると霊感灯(インスピレーション・ライト)が光り、ペンでひらめきを文字に起こした。<br />(Wikipediaより抜粋)<br /><br />この時、すでにカレル・チャペックの戯曲により”ロボット”が日本にも紹介されていましたが、西村は、チャペックが描いた奴隷のようなロボットではなく*1、隷属から開放された美的なロボットとして学天則をデザインしたそうです。<br /><br />西村真琴という人は、生物学者だそうです。<br />欧米の科学偏重に対し、いつか機械に支配される時代への警鐘として「学天則」を作ったと言われています。<br /><br />東洋の生物学者がロボットを作る・・・。<br />自然とともに生きる農耕民族のアジア人として、自然を研究する学者として、ロボットも人間も自然界のひとつであるという考えのもとに学天則を作るということは、西村にとって自然なことだったのでしょう。<br /><br />西村真琴の著作の表紙には、このような文章が書かれています。<br />「汝、大地に問え、大地は汝に答へん」<br /><div style="text-align: center;"><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/gts05.jpg" alt="gts05.jpg" border="0" width="160" height="159" /></div><br /><br />絶滅の危機に瀕していたマリモの保護から環境破壊への警鐘、迫害されていたアイヌの人々の救済。<br />科学の行き着く先が戦争であった時代、自ら行動を起こし、中国での戦災孤児の救済に奔走したとか。<br />その後、幼児教育や保母育成に携わったのは、次世代に望みを託そうとの想いからでしょうか。<br /><br />こんな気骨のある科学者が、いたのですね。<br />彼が、東日本震災後の政府の対応や福島の状況を見たら、何を思い、どんな行動をとるでしょう。<br /><br />*1<br />R.U.R.(Rossumovi univerzální roboti、ロッサム万能ロボット会社)1921年・カレル・チャペックの戯曲。チャペックは、この戯曲の中で、人間に代わって労働をする人造人間を「ロボット」と名付けた。<br /><br /><br /><br /><div style="text-align: center;">初代・学天則(左)  帝都を守った学天則(中)  二代目・学天則(右)</div><div style="text-align: center;"><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/gts01.jpg" alt="gts01" border="0" width="160" height="114" /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/gts02.jpg" alt="gts02" border="0" width="160" height="115" /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/gts03.jpg" alt="gts03" border="0" width="160" height="114" /></div><br /><br />ASIMOに会える<a href="http://www.miraikan.jst.go.jp/" target="_blank" title="日本科学未来館">日本科学未来館</a>に対し、学天則を持ってくるとは・・・。大阪市立科学館、粋ですねえ。<br />実際、来場者にとっては、難しいものばかりが展示されている未来館よりも、触って実感できる市立科学館の方が楽しかったりして・・・。<br /><br />あ、でも未来館では、会員になるとKURATASに試乗できるんだってぇ・・・。そう来るかあ・・・。<br /><br /><div style="text-align: center;"><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/krt01.jpg" alt="krt01" border="0" width="250" height="113" /></div><br /><br /><br />
  • Date : 2012-11-23 (Fri)
  • Category : topics
231

辿り着いた先にあるものは・・・

エイリアンのドームの中を探索するストレイカー司令官とフォスター大佐。あれぇ?このドームの中、見覚えが・・・?と、記憶を辿ったところ、スター・トレックに辿り着きました。たしか「empathy」とかいうタイトルだったと思うのですが・・・。カーク船長、ドクター、ミスター・スポックが、ある星を探索します。ここまでは、いつものパターン。この星で、相手に共感して相手の傷を自分に取り込んで治癒してしまうという宇宙人に出... エイリアンのドームの中を探索するストレイカー司令官とフォスター大佐。<br />あれぇ?このドームの中、見覚えが・・・?と、記憶を辿ったところ、スター・トレックに辿り着きました。<br /><br />たしか「empathy」とかいうタイトルだったと思うのですが・・・。<br />カーク船長、ドクター、ミスター・スポックが、ある星を探索します。ここまでは、いつものパターン。<br />この星で、相手に共感して相手の傷を自分に取り込んで治癒してしまうという宇宙人に出会うというストーリー。<br /><br />この回、一貫してUFOのドームの中のようなセットでして・・・。<br />真っ暗なスタジオを右往左往する上記三名と、ヒラヒラの服を着たダンサーのような宇宙人のパントマイムで構成されるという、おいおいセットも人件費も削減か~?と思うほどのインパクトある回でしたよ~。<br /><br /><div style="text-align: center; "><カーク船長とヒラヒラ宇宙人><br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/strk01.jpg" alt="strk01" border="0" width="260" height="186" /></div><br /><br />今までの映像の集大成とドームの中の一人二役で撮影された今回のUFO。<br />1時間近くのほとんどを、闇のスタジオ+ヒラヒラ宇宙人で押し通したスター・トレック。(実際にはもう2人宇宙人出てきますが・・。)<br />さて、軍配はどちらに?<br /><br /><br />そして、もうひとつ。23話を観るたびに思い起こしてしまうのが(ホントかなあ??)、「ストーカー」(1979年・ソビエト・監督;アンドレイ・タルコフスキー)。<br /><br />望みが叶う部屋があると言われるZone。その立ち入り禁止区域のZoneを目指し、ストーカーと呼ばれる案内人、作家、科学者、3人の男が彷徨い歩きます。<br />黙々と・・・ただ、ひたすらにZoneを彷徨う彼らが求める望みとは?<br /><br />人は道に迷って、初めて、本当の自分に出会うのでしょうか?<br /><br /><br />たまに、自分のニセモノや、ヒラヒラ宇宙人や、「ねーちゃん、女の子がそんなに酔っ払っちゃイケナイヨ~」と声をかけてくる自転車に乗った酔っ払いとかに遭ってしまうこともあるんですけどね。<br /><br /><div style="text-align: center; "><s><カーク船長とヒラヒラ宇宙人></s><br /><犬とストーカー><br /><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/stk01.jpg" alt="stk01" border="0" width="260" height="188" /></div><br /><br /><br />ストーリーの詳細は、観てのお楽しみ。と言うより、記憶にありませんっ!公開当時、まだ幼かったから~♪<br />SFマガジンに掲載されていた原作も読んだはず・・・と思っていたら、原作の原作であったことが先ごろ判明。<br /><br />SFマガジン(1978年1月号)に掲載されていたのは「密猟者」というタイトルで、「ストーカー」の原作「路傍のピクニック」のもととなる短編でした。<br />(KEN's Factory 様、有難うございました!)<br /><br />あまりにも大昔過ぎて、雑誌も本もDVDも手元にないし(あたふた<img src="http://static.fc2.com/emoji/e/330.gif" alt="" border="0" class="emoji" />)興味のある方は、自力でお探し下さいませ。(合掌)<br /><br />あ、このダイジェスト版、いいかも!<br /><br /><br /><div style="text-align: center; "><iframe width="320" height="180" src="http://www.youtube.com/embed/qJ7FEVtoN8w?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe></div><br /><br />
227

不死身の戦士

フォード少尉の代わりに、司令本部の通信担当となったアンダーソン少尉。ジャクソン医師やストレイカー司令官の執拗な尋問にも耐え、みごと身の潔白を晴らしたタフ・ガイです。   それもそのはず、実は、彼はハイランダー、マクロード一族のアンガス・マクロードだったのです。たまに、サンタ・クロースに姿を変えて現れたり、最近では、ロード・コマンダー(Game of thrones 2011年・米TVシリーズ)として地球の一部の... <div>フォード少尉の代わりに、司令本部の通信担当となったアンダーソン少尉。</div>ジャクソン医師やストレイカー司令官の執拗な尋問にも耐え、みごと身の潔白を晴らしたタフ・ガイです。<br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo07.jpg" alt="cosmo07" border="0" width="160" height="119" />&#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo08.jpg" alt="cosmo08" border="0" width="160" height="120" />&#160;<img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo09.jpg" alt="cosmo09" border="0" width="160" height="120" />&#160;</div><br />それもそのはず、実は、彼はハイランダー、マクロード一族のアンガス・マクロードだったのです。<br />たまに、サンタ・クロースに姿を変えて現れたり、最近では、ロード・コマンダー(Game of thrones 2011年・米TVシリーズ)として地球の一部の人々を守ってらっしゃいます。<br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo02.jpg" alt="cosmo02" border="0" width="160" height="120" /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo03.jpg" alt="cosmo03" border="0" width="160" height="120" /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo05.jpg" alt="cosmo05" border="0" width="160" height="120" /></div><br /><br />ジェームズ・コズモ(James Cosmo、1948年5月24日)<br />スコットランド出身の俳優。”スコットランドのタフ・ガイ”として、映画やテレビで活躍中。<br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/cosmo06.jpg" alt="cosmo06" border="0" width="160" height="120" /><br /><br /><iframe width="400" height="225" src="http://www.youtube.com/embed/JFkVih34ju8?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen=""></iframe><br /><br /></div>
  • Date : 2012-11-09 (Fri)
  • Category : trivia?
226

究極のアンドロイドとは?

「第23話UFO大編隊接近中」のドームの中にいたSHADOメンバーは、いったい何だったのでしょう?今ならクローン人間かなぁ?とも思うのですが、司令官のDNAからすると、言うことを聞かないかもしれない!というリスクもあり、ここはアンドロイド(こいつも決して従順とは言えませんが。)であったと想像するのが無難な線でしょうか?それよりも、なぜ映像かなんかで誤魔化さなかったのか?という根本的な疑問も沸き起こるのですが、... <div style="text-align: left; ">「第23話UFO大編隊接近中」のドームの中にいたSHADOメンバーは、いったい何だったのでしょう?</div><br />今ならクローン人間かなぁ?とも思うのですが、司令官のDNAからすると、言うことを聞かないかもしれない!というリスクもあり、ここはアンドロイド(こいつも決して従順とは言えませんが。)であったと想像するのが無難な線でしょうか?<br /><br />それよりも、なぜ映像かなんかで誤魔化さなかったのか?という根本的な疑問も沸き起こるのですが、その理由としましては、地球防衛網を突破した後、徐々にメンバーをアンドロイドと取り替えていって、SHADO自体を乗っ取るつもりだった、と考えられます。きっと・・・。<br /><br />それにね、最終的にはSHADO乗っ取り用のアンドロイドの発注かけるんだから、作っちゃったほうが安上がりでしょ?映像作るのはいいけどプロジェクトが2本になっちゃうと予算が通らなないかもしれないじゃない?・・って、どこの話?<br /><br /><br />ちなみに、世界最古のアンドロイドは、ギリシャ神話のタロス。世界初のクローンは、1891年のウニ(雲丹)だそうです。<br /><br /><div style="text-align: center; "><世界初のアンドロイドとクローン><br /><br /></div><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/talos.jpg" alt="talos" border="0" width="109" height="120" /> <img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/Un.jpg" alt="uni" border="0" width="120" height="90" /></div><br /><br />さて、世界に衝撃を与えたアンドロイドと言えば・・・、そう、鉄腕アトム・・・ではなくて、「究極超人あ~る」(1985-1987・ゆうきまさみ著)ではないでしょうか。<br /><br />マッド・サイエンティスト成原成行の手により、世界征服のために造られたアンドロイド、R・田中一郎。<br /><br />成原博士の交通事故にあった息子に似せて作られた”あ~る”(あれ?どこかで聞いたような・・)は、なぜか春風高校に転入し、光画部の部長にまで上りつめ、普通に学校生活を送る・・・究極に普通の高校生に近いアンドロイドといっても過言ではないでしょう。(周りの人間の方が凄すぎて、影が薄かったりするし・・・。)<br /><br />しかし、真の姿は、自転車で東名を200キロで突っ走り、電源のない所でも胸のコンセントでご飯を炊くことができ、山においては避雷針の役目も果たす、夏の強烈な日差しの下では焼肉用の鉄板と化すこともできる、史上最強の実用家電型?アンドロイドなのです。<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tbody><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091931510/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/21SJBJ20DNL._SL160_.jpg" alt="究極超人あ~る (1) (小学館文庫)" border="0" /></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4091931510/fc2blog06-22" target="_blank">究極超人あ~る (1) (小学館文庫)</a><br />(1998/03)<br />ゆうき まさみ<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091931510/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></tbody></table><br /><br /><br />なんと!星雲賞を受賞されていたのですね、天晴れ~!(なぜ、あ~る?パトレイバーじゃなく?)<br /><br />アニメ化もされています。大昔、深夜テレビで放送を見た時にはひっくり返りましたよ・・・。いろんな意味で。<br /><br />
  • Date : 2012-11-02 (Fri)
  • Category : review
61

Mobile Rocket Launchers

Mobile Rocket Launchers : モバイル・ロケット・ランチャームーンベースに配備されている移動型ロケット発射装置。インターセプターの攻撃を免れたUFOから、ムーンベースを防衛するための月面防衛車両。月面上で走行するために特別に設計された、コンパクトで無人の戦車型無限軌道車で、ムーンベースのコントロール室から遠隔操作される。各車両は、機関砲と回転砲塔から発射される高性能ミサイルで武装している。SHADOが活動を... Mobile Rocket Launchers : モバイル・ロケット・ランチャー<br /><br />ムーンベースに配備されている移動型ロケット発射装置。<br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2328.jpg" alt="2328" border="0" width="320" height="228" /></div><br /><br />インターセプターの攻撃を免れたUFOから、ムーンベースを防衛するための月面防衛車両。<br />月面上で走行するために特別に設計された、コンパクトで無人の戦車型無限軌道車で、ムーンベースのコントロール室から遠隔操作される。<br />各車両は、機関砲と回転砲塔から発射される高性能ミサイルで武装している。<br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2329_20121031111225.jpg" alt="2329" border="0" width="320" height="228" /></div><br /><div style="text-align: center; "><br /><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2331_20121031111224.jpg" alt="2331" border="0" width="320" height="228" /></div><br /><br />SHADOが活動を開始した当初、月面上でのムーン・ベースの守りは各ドームに設置されたミサイルだけであったが、その後、UFOの大編成による攻撃を想定してロケット・ランチャーが配備された。(と思われる。→ストレイカー暗殺指令参照*1)<br />第23話(UFO大編隊接近中)では、UFOの総攻撃からムーンベースを死守した。<br /><br /><br /><div style="text-align: center; "><img src="http://blog-imgs-53.fc2.com/j/p/s/jpshado/2330_20121031111224.jpg" alt="2330" border="0" width="320" height="228" />&#160;</div><br /><br />*1<br />第16話(ストレイカー暗殺指令)において、ストレイカー司令官とフリーマン大佐が、UFOの総攻撃を想定してムーンベースの防衛を増強する打ち合わせをしています。<br /><br /><br /><a href="http://tv.blogmura.com/tokusatu/ranking_out.html"><img src="http://tv.blogmura.com/tokusatu/img/originalimg/0000019287.jpg" width="150" height="56" border="0" alt="にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ" /></a><br /><br />****<br /><br />撮影順の第19話 The cat with ten lives (猫の目は宇宙人)で初登場したロケット・ランチャーですが、第23話 Reflection in the water (UFO大編隊接近中)でUFOの大編隊と交戦して大破しました。<br /><br />日本放映順では(猫の目は宇宙人)は8話目。ここでロケット・ランチャーが登場します。<br />この順番ですと、ロケット・ランチャーがあるにもかかわらず、第13話(UFO月面破壊作戦)で、ローバーがロケット砲をかついで単独でUFOを迎え撃つという、ちょっと~司令官、あまりにもご無体な~!・・・的状況になっております。<br /><br />が、撮影順では、ローバー単独迎撃→大量UFO対策→ロケット・ランチャー配備ですので、一応ツジツマあいますよね?<br />司令官は、そこまで冷酷ではないですよぉ(たぶん・・・)。<br /><br />
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。